飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
就食ノウハウ

2017/11/30

お家に温かい食事を届けてくれる「デリバリースタッフ」の仕事って本当にキツイ?

注文を受けるデリバリースタッフ

 これからバイト探しをされる方の中には、デリバリースタッフの仕事を検討している人も多いのではないでしょうか。今はピザや寿司をはじめ、弁当やカレー等のデリバリーもあり、中食産業の需要の高まりが伺えます。それに伴ってデリバリースタッフの求人募集も増えており、募集資格の要件を満たせば比較的採用されやすい傾向にあります。一方で応募者の中には「忙しく、ツライことも多いのでは?」と考える人も。この記事では、デリバリースタッフでのバイトを考えている人に向けてデリバリースタッフの仕事内容や大変さについてご紹介します。

デリバリースタッフの仕事内容

宅配ピザ

 中食産業に欠かせないデリバリースタッフですが、主な仕事は宅配業務です。電話またはインターネットから店舗に注文が入り、限られた時間内にお客さま宅へと料理を運びます。料理を運ぶ時に使用するのが、各店舗で用意されている原付バイクです。バイク後部に料理を保温・保冷する専用のボックスが取り付けられており、そちらに料理を入れて、運びます。料理の受け渡しは、基本的にお客さま宅の玄関前となり、お客さまには現金で支払いをしてもらいます。長居することはできないため、料理を運ぶ際は必ずどんなパターンの支払いにも対応できるようにお釣りを準備しておきましょう。料理を手渡し、代金を受け取ったら店舗に戻ります。くれぐれも、お金の受け渡しミスをしないように注意しましょう。またデリバリースタッフの仕事は、宅配業務だけではありません。注文が少ない時は、近隣住宅へのチラシ配りや店内の清掃などを行い、料理作りが追い付いていない場合は電話対応を行ったりもします。ただあくまでも、デリバリースタッフの仕事は宅配ですので、常に宅配できる体制をとっておかなくてはなりません。

関連記事:狙い目は20代の約50%が利用している中食産業?数字で見る飲食業界動向!

デリバリースタッフの大変さ

デリバリー用バイク

 デリバリースタッフというと、バイクに乗って料理をお客さま宅に運ぶだけ、という印象があります。一見簡単な仕事に見えますが、体力的な負担が大きい仕事であることを知っておきましょう。お客さま宅は、一戸建て住宅の場合もあれば、団地やアパート・マンションのような集合住宅の場合もあります。集合住宅の場合、エレベーターの使用ができなければ、階段を使って料理を運ぶこととなります。階段の上り下りは多く、ある程度体力に自信がないと務まらない仕事と言えるでしょう。

 とくに夏場においては、屋外にいる時間が長いデリバリーススタッフは、体力の消耗に加えて、熱中症などにも注意しなければいけません。こまめに水分補給するなど、自身の体調管理にはくれぐれも気をつけましょう。また汗だくになるので、夏場の仕事は特にタオルや着替えを用意しておくようにしてください。冬場においては、寒い中バイクに乗って宅配しなくてはいけません。保温効果のあるインナーの着用など、出来るだけかさばらない方法で防寒対策をするようにしましょう。雨や雪が降っている時は、びしょ濡れで接客しなくていいよう、レインコートを着用します。また冬場は道路が凍結していることもあるため、バイクを運転する際の焦りは禁物。

 そして季節問わずデリバリースタッフの仕事で重要なのが、時間内に配達しなくてはいけないことです。お客さまはデリバリーを注文する際、配達してもらいたい時間を指定します。指定時間内に料理を運ぶことが前提のため、常に時間に追われる仕事であることを覚悟しておく必要があります。万が一時間内に配達できなかった場合、店舗によってはクレームを避けるため、代金の割引を実施することもあります。デリバリースタッフの仕事に応募する際は、時間内に配達が間に合わなかった場合、どのような対応をするのかも面接担当者に確認しておくといいでしょう。

関連記事:15年で規模3倍に!今勢いに乗ってる「中食業界」とは?

デリバリースタッフの給与や待遇について

デリバリーピザの店員

 デリバリースタッフの時給は、体力的な負担や天候による悪影響、バイクに乗ることで生じる交通事故の可能性などを考慮し、高めに設定されています。また時間内に料理を届けなくてはいけない、という精神的な負担も時給が高い理由のひとつです。待遇については店舗によって若干ことなるものの、昇給や各種社会保険、従業員割引制度などを設けている店舗が多い傾向にあります。デリバリースタッフは大変な仕事ではありますが、実際は女性のスタッフも多く活躍しています。デリバリースタッフが人気の理由としては、給与や待遇がよいことだけでなく、1日3時間~・週1日~など短い時間で勤務できるというのもあります。繁忙期など3ヵ月程度の短期間勤務で求人を出している店舗もあり、学生からの人気も高い仕事です。はじめてデリバリースタッフとして働く人も、研修では先輩スタッフが付いて、地図の見方やバイクの乗り方など丁寧に教えてくれますので、安心して始めることができます。

デリバリースタッフに必要な資格

デリバリーバイク

 デリバリースタッフには、専門の資格のようなものはありません。しかし「デリバリー=出前・配達」とされるように、車やバイクに乗って配達するのがほとんど。求人にも必ず掲載されていますが、デリバリースタッフは基本的に、車の運転免許やバイクの免許が必要となります。また配達するだけとはいえ、デリバリースタッフはあくまでも接客業務であるため、礼儀や気遣い、明るい接客を心掛けることが大切です。

まとめ

 以上デリバリースタッフの仕事内容、大変さについて紹介しました。デリバリースタッフは天候の影響を受けやすく、時に体力的な負担が大きい仕事です。その分給与は高めに設定されており、待遇は良好です。学生をはじめ人気のバイトでもあるデリバリースタッフ、少しでもご興味がある方はまずは最寄りの店舗に応募してみてください。


関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 1,793
新着

29