飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
スキルアップ

2018/02/09

種類が多くて覚えられない!お酒やカクテルを楽しく学べる意外な4つのツール!

様々な種類のお酒

お客様にお酒を提供する仕事といえばバーテンダー。 アルコールの種類を覚えようと思っても、ビールだけでも約5,000種類など、種類が多すぎて何から勉強したらいいのか迷いますよね。 どうせ覚えるなら楽しく覚えたいし、時間とお金もできるだけ効率よくしていきたいところです。 今回はそんなバーテンダーやバーテンダーを目指す方にお勧めの、お酒を覚えるためのツールをご紹介します。

漫画

お酒は夫婦になってから(著者:クリスタルな洋介)

バーテンダーをしていた夫と、事情により外でお酒を飲むことができない夫婦の話です。 現在”お酒は夫婦になってから”の単行本は5巻まで発売しています。 1話あたりが11ページ程度と短めなので、細切れ時間を使ってサクサク読めますよ。

”お酒は夫婦になってから”は日常生活中に自然とアルコールが溶け込んでいるので読んでみたら、自分も飲みたくなってくること間違い無し。
カクテルを飲んだ感想もわかりやすく述べられており、カクテル説明の話術スキルも磨ける漫画です。

>>バーテンダーになりたい方のご相談受け付けています!

バーテンダー(原作:城アラキ 漫画:長友 健篩)

タイトルにもある通り、バーテンダーが主人公。 お酒に興味がない人でもその世界に引き込んでいく作品です。 アニメ化・ドラマ化と作品が展開していったのは、漫画”バーテンダー”が 多くの人に愛されてきたからですね。

ところであなたは、バーテンダーの名の由来をご存知でしょうか?

答えは漫画に書いてありますので、ぜひ読んでみてください。

アプリ

Dream Cocktail Lite

DreamCocktail
出典:itunes

スキマ時間を使ってカクテルの勉強がしたい方はこちら。

アプリ内を開いた時、カクテルの表示方法は

 ・カクテルの名前

 ・ 強さ(段階表示)

 ・ 味のランク(甘口・中口・辛口)

の3つに分かれています。

有料版には360種類・無料版には60種類のレシピが掲載されています。無料版60種類と聞くと一見少ないように思えますよね?

では、あなたに一言。「無料版にある、カクテルレシピを全部覚えてください!」。とたんに「多いな…」と思ったのではないでしょうか。

まずは、無料版の60種類を覚えることからトライしてみましょう。

>>未経験からスタートできる職場はこちら

youtube

動画はじっくり手順を見られるのが嬉しいですよね。 今回はyoutueで視聴可能な2本の動画チャンネルを紹介しておきます。 他にもさまざまな動画がありますから、ぜひ検索してみてください。

バーテンダースクール授業サンプル動画

東京都にあるバーテンダーを養成する学校・ジャパンバーテンダースクール。学校のサンプルとして配信されている動画です。内容はボストンシェーカーの振り方・フルーツのカットの方法などがアップされています。動画を見たら、バーテンダーの仕事イメージがわかりやすくなりますよ。

(参考:バーテンダースクール授業サンプル動画)

Barの美学 -barism-

落ち着いたナレーションとBGMが印象深い動画。バーテンダーの美しさが学べるのが魅力的です。アップされている動画本数は24本とかなり多め。いずれも3分前後で視聴できますから、スキマ時間を使って効率よく学べます。

(参考:Barの美学

>>まずは働いてから覚えてみたい人はこちら

イベント

街バル

スペインには”バル”というお店とお店をハシゴする文化があります。 ”街バル”はスペインのバル文化を日本でもやってしまおう! という、近年登場したイベントです。 

イベントの魅力は何と言っても、お手頃なお値段でお店に行けること。 各店舗ではオススメのお酒を提供していますから、安くで珍しいお酒に出会える チャンスでもあるんです。

もう1つ街バルをおすすめしたい理由は、お酒に詳しい人が参加している!ということ。運良く、お酒に詳しい人と知り合って話が弾んだら自分の知識も増えますよね?

街バル参加の際は、前もって自分の行きたいお店をチェックしておけば効率よく店舗間の移動ができますよ。

何と言っても実際に体験したことは、しっかりと記憶が残ります。メモも取っておけば、知識として頭にインプットされるのも早いはず。

カクテルコンペティション

カクテルグラスやワイングラスで乾杯している画像

バーテンダーのコンテストにあたるのが、カクテルコンペティション。筆者も1度だけお客さんとしてカクテルコンペティションに参加したことがあります。

バーテンダーの手によって芸術的に飾られたカクテルやフレアバーティング(ジャグリングのようなもの)に、圧巻されました。

それに、「お店にも遊びに来て下さい」と会場へ向けてメッセージをおくったバーテンダーはとても輝いて見えました。

”バーテンダーは芸術家でもあり、パフォーマーでもある”そう思った素敵なイベントでした。参加の機会があれば、ぜひ行ってみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。気合を入れてはじめたのはいいけど、意外と続かなかった…というのはよくある話。

今回、学びの入り口として、漫画・アプリ・イベントなどいろいろ述べましたが方法は何でもいいと思うんです。

大事なのは自分が読んだもの・体験したことを知識として落とし込み、バーテンダーとしてお客様に喜んでいただくことではないでしょうか?

「好きこそものの上手なれ」の言葉の通り、ご自身が好きなことを得意分野にして、ご活躍ください!

>>お酒を作るだけじゃない!バーテンダーの魅力とは?資格や給料は?

>>あの有名ソムリエから学ぶ!プロが在籍するお店&スクール3選!

食べるんだでは希望条件を伝えるだけでお仕事を探してくれる、無料転職支援サービスを展開中です。面接のポイントや履歴書の書き方など、相談無料なのでご気軽にご相談ください!

関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 8,611
新着

181