飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
スキルアップ

2017/05/01

世界に羽ばたくピッツァイオ―ロとは?イタリアンの職場に欠かせないピザ職人になる方法!

パスタとオリーブオイル

飲食業界も様々な業態のお店が増加し、それに伴い働く人達の職種も増えてきました。中には聞きなれない職種もあるでしょう。その中でも、近年耳にすることが増えている『ピッツァイオ―ロ』にスポットを当ててみようと思います。

たくさんのピッツァを生み出す魔法の手

ピザ粉で作ったPIZAの文字

『ピッツァイオ―ロ』は、日本語でいうところの“ピザ職人”です。イタリア料理店や専門店などで、生地を豪快に回して作っている姿を見かけますよね。イタリア人にとっては、毎年、正式 なナポリピッツァの世界最優秀ピッツァ職人を決める大会【ナポリピッツァ 職人世界選手権(Campionato Mondiale del Pizzaiuolo)】が開催されているほど、身近で高い評価を受けている職種です。これには多くの日本人も参加しており、本場イタリアの職人たちに混ざって優秀な成績を収めています。

お店やTVで見た時に、あんな風にカッコよくピザが作れたらいいなと思った人も多いのではないでしょうか。ただし、見ている分には簡単そうに思えても、実際やろうとしたら難しくて全然ダメだったということもありますよね(笑)

『ピッツァイオ―ロ』になるには

ピザを窯に入れるシーン

では、どうすれば『ピッツァイオ―ロ』になれるのでしょうか。実は、厨房で働く人に必要となってくる「調理師免許」のような資格は必要ありません。ある程度経験を積めばなれる職種と言えますが、その方法は大きく3つ程かと思われます。

①本場イタリアで修業する!

シンプルに考えればこれが一番良い方法なのかもしれません。ただしそれには、滞在費用の捻出や言葉の壁の問題など、簡単にはいかないことが多いのが実状です。快く世話をしてくれるお店などもあるようなので、本場を直に体感したい方は向いていると思います。

②専門スクールで学ぶ!

最近のピザ専門店の増加に伴い、ピザ職人を育成するスクールや教室なども増えてきています。初心者でも一から学ぶことができるので、まずは1日体験などから始めてみるのもよいのではないでしょうか。

・ピザ職人育成アカデミー

ピザ業態をトータルプロデュースする、有限会社オフィスキューブが運営しています。プロの方から、料理の未経験者まで、ピザ職人(ピッツァイオ―ロ)を目指す人であれば誰でも参加が可能となっており、累計700人を超える卒業生を輩出しています。ピザ生地の作り方から焼き方までを基本から応用編まで学べ、ピザタイプも、ナポリ、ローマ、アメリカンタイプなど全てを網羅できます。さらにイートイン、テイクアウト、宅配、など業態も幅広く対応しています。

ピザ職人育成アカデミー

03-5286-7363(平日)
090-3143-5578(土日祝日および夜間)
http://www.pizcube.com/academy/

・学校法人TBC学院小山校 国際TBC調理・パティシエ専門学校

栃木県小山市にある国際TBC調理・パティシエ専門学校は、シェフ(経営調理)学科の中に日本でも珍しい『ピッツァイオ―ロ(ピザ職人)専攻』という学科があります。ここでは、ピッツァアクロバット世界選手権で5連覇したうえ、本場イタリアで最も権威のあるピザスクール「Scuola Italiana Pizzaioli」でMasterの称号を受けた、赤荻一也さんが講師を務めています。数少ない世界トップクラスの技術をすぐ近くで学ぶことができます。

学校法人TBC学院小山校 国際TBC調理・パティシエ専門学校

〒323-0821
栃木県小山市三峯1-10-21
TEL 0285-28-0777

http://www.oyama.ac.jp/cook/cook-course02.html

③イタリア料理店、専門店で働きながら経験を積む

これまでは、ピザを食べるにはイタリア料理店でというのが主流でしたが、ここ数年で一気にピザ専門店が増えてきました。より専門的に経験を積みたい場合は、イタリア料理店でも『ピッツァイオ―ロ』を募集しているお店や、専門店などで働くのもいいかもしれません。当サイトでも、『ピッツァイオ―ロ』で検索ができますので、お近くの店舗がないか調べてみてはいかがでしょうか。

日本の有名な『ピッツァイオ―ロ』たち

ピッツァイオーロ

『ピッツァイオ―ロ』と聞くと、イタリア人だけかと思うかもしれませんが、日本人でも世界的に有名な方はたくさんいます。ここでは日本の『ピッツァイオ―ロ』を代表するお二人を紹介します。

大西 誠

全国的にも有名なピッツェリア「PIZZA SALVATORE CUOMO」のプリモピッツァイオ―ロです。彼は、2002年にイタリアに渡り、翌年には世界最高峰のピッツァの祭典にて、イタリア人以外で初めて最優秀賞を受賞しています。受賞したピッツァは、SALVATORE CUOMOでも長く愛される人気メニューとなっています。

また、2012年には「日本ナポリピッツァ職人協会」を設立し初代会長に就任、日本でのナポリピッツァ職人の普及に努めています。

山本尚徳

18歳からイタリア料理の世界に入った彼は、29歳の時に単身イタリアへ渡りました。

名店「イル ピッツァイオ―ロ デル プレジデンテ」にて修業を始め、オーナーでありナポリピッツァ界の重鎮である故エルネスト・カチャッリ氏から本格的な指導を受け技術を磨きます。帰国後、ナポリで開催された世界ピッツァ選手権で、2007年の初出場で日本人初の総合優勝をし、2008年にはイタリア人でさえ達成していなかった、大会史上初の連覇を果たします。

その後、中目黒に「Pizzeria e trattoria da ISA」をオープンし、TV出演や料理本出版など精力的にメディアにも登場しています。前述した「日本ナポリピッツァ職人協会」にも、執行役員として参加もしているようです。

Pizzeria e trattoria da ISA

〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-28-9 1F
Tel&Fax: 03-5768-3739

http://www.da-isa.jp/

まとめ

イタリア料理店のテーブル

有名な『ピッツァイオ―ロ』も、最初からそれを目指していたというわけではありません。たまたま働いた店がイタリア料理店だっただけなど、キッカケは様々です。興味はあるけれど、最初から諦めてしまうのではなく、まずは一歩足を踏み出してみませんか。

>>ピッツァイオーロの求人情報はコチラ

食べるんだでは希望条件を伝えるだけでお仕事を探してくれる、コンシェルジュサービスを展開中です。面接のポイントや履歴書の書き方など、相談無料なのでご気軽にご相談ください!

>>キャリアコンシェルジュに相談する(無料)

関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 2,089
新着

3