飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
就食ノウハウ

2021/10/24

コミュニケーションが苦手でも飲食店で働くことは可能か。

飲食業界で働いてみたい!

でも、人と関わるのがちょっと苦手…


コミュニケーションが苦手でも飲食業界で働きたいという声を多くいただきます。

今回はそんな方のために、「コミュニケーションが苦手でも飲食業界で働けるのか」を記事にしてみました。


こんな方におすすめです。

・飲食店で働きたいと考えている方

・コミュケーションが苦手だと感じている方

・コミュニケーションをあまりしないで飲食店で働きたい方

・苦手なコミュニケーションを克服したいと考えている方



コミュニケーションをあまりしなくても飲食店で活躍できるの?


ポジションによっては可能です。

というのも調理スタッフは料理を作ることが仕事でお客様との直接的なコミュニケーションはあまりないからです。調理スタッフとしてスキルを磨いていけば活躍することはできます。


ですが、調理スタッフも実はコミュニケーションが必要な仕事です。

ただ料理を作るだけではなく調理にもある程度スピードが必要です。注文して1時間待つようなお店で食事はしたくないですよね。

一人で全てのオーダーを捌くには限界があります。繁忙のタイミングになれば調理担当が一人だけだとどんどんと待ち時間が増えていってしまいますので、調理担当は複数人で行うのが多いです。


そして、この時にコミュニケーションが必要となります。

一つの料理に対して調理、盛り付けなどの担当分けすることでより効率的に料理を作っていきます。そこでのやりとりにコミュニケーションが必要です。

コミュニケーションが苦手な方にとっては最初は苦労すると思いますが、この場合は割り切って業務に当たることが大切になります。



飲食店で苦手なコミュニケーションが克服できるの?

飲食店に限らずですが、働くことによって克服できます。

理由は3つあります。

まず一つ目に、コミュニケーションは人と関わることで磨かれるスキルだからです。誰だって初めてのことはできません。赤ちゃんですら生まれたては立って歩くことはできませんが、毎日高いものに手を伸ばしたりしていくと次第に立てるようになり、そして歩いて走れるようになるまで成長していきます。

コミュニケーションもそれと同じです。苦手と思っているのはまだ成長の途中だということです。克服したいという気持ちさえあれば大丈夫です。


2つ目は飲食店での仕事は必ず人と関わる仕事だからです。

先ほどコミュニケーションは人と関わることで磨かれるとお伝えしましたが、飲食店はまさにその環境に適しています。

お客様とのオーダーや会計でのやり取り、スタッフ間同士の連携などいろんな場面でコミュニケーションをとる場面が出てきます。仕事中は常に誰かとコミュニケーションをとる環境になっているのが飲食店での仕事です。


3つ目は感謝されやすい環境だからです。

きっとコミュニケーションが苦手だと感じている方の中に、「過去の失敗」の経験がある方も多いでしょう。自分の些細な一言が相手を傷つけてしまったり、怒られしまったりと何かしらの失敗経験があると思います。

その克服のしかたは、「失敗を認めて活かすこと」と「失敗した分だけの成功体験を積みあげること」だと思います。

飲食店での仕事は感謝されやすいお仕事です。食事を終えたお客様からの「おいしかったです。ごちそうさまでした。」や、スタッフからの「その仕事やってくれてすごく助かった。ありがとう。」などの言葉は、とても良い成功体験です。

そういった成功体験を積み重ねていくことでコミュニケーションに対しての苦手意識がなくなり、自身がつくようになります。



どうしてもコミュニケーションを取りたくない人は?

どうしてもコミュニケーションをとらない仕事をしたいのであれば飲食店など、接客やチームプレーの仕事はおすすめしづらいです。

理由として、ホールスタッフも調理スタッフもコミュニケーションが必須だからです。

ホールスタッフの場合お客様とスタッフ両方のコミュニケーションが必要です。お客様を席に案内するとき、オーダーを聞くとき、料理を持ち運ぶとき、食べ終えた料理を下げるとき、会計するときなど様々なタイミングでコミュニケーションが必要です。

それだけではありません。スタッフ間で「どこのお客様のオーダーが済んだのか」などの情報共有をしてスタッフ間のコミュニケーションも必要です。

調理スタッフも一見コミュニケーションが必要ないと思われがちですが、実はコミュニケーションがしっかりととれないといけません。お客様とのやり取りはあまりないですが、スタッフ間でのやりとりは積極的にとる必要があります。調理担当は複数人で行うことが多いです。その時は効率的に調理を行うため担当制で調理を行っていきます。その時にスタッフ間でのコミュニケーションが必要ということです。


このように飲食業界ではどの仕事もコミュニケーションが必要なのです。



まとめ

コミュニケーションを取るのが苦手でも、飲食業で働く事は可能です。

ただし、心得ておいてほしい事は、飲食店での仕事はコミュニケーションが必ず必要な仕事だという事です。たとえお客様との会話が少ない調理スタッフでもスタッフ間でのコミュニケーションは必要とされます。

ただ少しでも苦手を克服したいという気持ちがあれば是非とも飲食店で働くのがおすすめです。飲食店はコミュケーション力を磨くにはかなり適した仕事です。自分自身を変えたいと思うようでしたら一度飲食店にチャレンジしてみてはいかがですか?


関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 1,208
新着

7

お祝い金 最大20,000円 採用が決まればプレゼント!詳しくはこちら

※人材紹介サービスによる採用決定は対象外となります。