飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
就食ノウハウ

2017/12/02

飲食バイトの代名詞「ホールスタッフ」の仕事内容は?求められる能力や知識は?

ホールスタッフの女性

 飲食店バイトで人気の「ホールスタッフ」ですが、お店によって業務が異なったり、業務量が違ったりすることがあります。中には、幅広い能力や知識が求められることもあり、優れたホールスタッフとそうでないスタッフがいるのも飲食バイトの特徴です。この記事では、飲食バイトの代名詞「ホールスタッフ」の仕事内容とともに求められる能力や知識について紹介しています。

ホールスタッフの仕事内容とは?

料理を出すホールスタッフ

 お店によって業務内容は異なるものの、一般的にはオーダーの聞き取りや料理の配膳などの接客業務をメインとします。個人が営んでいる店舗の場合、接客業務以外にも料理を作る「キッチンスタッフ」の補助やドリンク作りなどを担当するケースも見られます。お客さまが帰られる際は、お会計やテーブルの片づけといった業務も主にホールスタッフが行います。接客業務がメインである以上、時にはお客さまのクレーム対応することもあり、心身ともに大変な業務といえるでしょう。ですがホール業務を通じて得られるメリットも沢山あり、礼儀やコミュニケーション能力の向上などを身につけることができます。お客さまからのお褒めの言葉なども、キッチンスタッフよりもいただくことがあり、達成感を味わいながらできる仕事です。

 スキルアップとともに、ホールスタッフとしての実力が認められれば、昇給・昇格の可能性も存分にあります。現にバイトから始めた人が、店長となったケースも珍しくありません。チェーン店をはじめとした、大型飲食店の場合、複数の店舗を統括するエリアマネージャーやスーパーバイザーに昇格するケースもあります。

関連記事:飲食店でのアルバイト!ホールとキッチンどちらを選ぶ??

優れたホールスタッフとは?

優秀なホールスタッフ

 優れたホールスタッフに共通するのが、コミュニケーション能力の高さです。ホールスタッフで求められるコミュニケーション能力とは、対お客さまだけでなく、対スタッフとも円滑にコミュニケーションがとれる能力を指します。どれだけ気持ちのいい接客をしていたとしても、他のスタッフとのコミュニケーションが疎かになっていては、優れたホールスタッフとは言えません。また飲食業界では、ルールを順守することが重要です。ルールとは、各お店が設けている決まりや基準であり、たとえば清潔感(髪型や爪など)やオーダー聞き取りの仕方や配膳の仕方、クレームへの対応方法などがあります。ホールスタッフの業務量が、お店によってバラつきがあるのも各店舗が設けているルールによるものです。優れたホールスタッフは、そのルールを忠実に守った上で、よりお客さまに満足してもらおうとします。その結果リピーターが増えたり、口コミの評価が良かったりし、お店に貢献しているのです。その姿勢が店長や上司に評価され、他のホールスタッフを束ねるリーダーや店長に昇格していきます。

関連記事:飲食店でお客様が好印象を持つ「接客のコツ」と「有利な4つの資格」はコレだ!

スキルアップするための方法とは?

資格の勉強

 優れたホールスタッフは、仕事以外の時間を使ってスキルアップを図ることがあります。たとえばレストランでワインを提供する場合、お客さまからワインに関する質問を投げかけられることがあります。業務で最低限の知識は教わりますが、時に知識量を越えた質問がくることも。ワインソムリエの資格取得とともにワインに関する知識を得ることで、スキルアップを図ることができます。また2020年に開催される東京オリンピックに伴って、訪日外国人客の飲食店利用が増えてきます。外国人客への対応をスムーズにするために、最低限の接客用語を英語で話せるよう語学学習に取り組んでおくといいでしょう。しかし業務時間以外は、仕事に関することはやりたくない方もいると思います。そういった方は、業務時間内で多くのことを学ぶように意識をもつとよいです。来店客がまだ多くない時間帯にベテランスタッフに業務のコツやお店の名前の由来を教えてもらったり、知っているようで知らないこと、疑問に思っていることをなくすよう努めてみましょう。ベテランスタッフたちには、仕事に意欲的な姿勢を見せることができますし、何より学んだことが接客に活かせてきます。

関連記事:飲食業界で生かせる資格は60種類!本当に必要な資格はどれ?

スキルアップのために職場を変えるのもひとつの案!

悩む女性

 ホールスタッフの仕事は、働くお店の環境によってさまざまです。ホールスタッフの実力が良くても、提供する料理がいまいちだったり、お店の立地が悪く客数が伸びなかったりしてしまい、お店の売り上げが悪ければ実力に値した待遇が貰えないこともあります。優れたホールスタッフを目指すのであれば、積極的に今より環境がいい職場に転職することも考えておくといいでしょう。とくに昇給や昇格といった、目に見える形で評価してくれる店舗への転職がおススメです。そういった職場は、一緒に働く他のスタッフの士気も高く、切磋琢磨しながら仕事に取り組むことができます。

>>採用のプロが就職・転職活動をお手伝い!飲食業界の内定を勝ち取ろう!

まとめ

 今回は、飲食バイトの代名詞「ホールスタッフ」の、仕事内容とともに求められる能力や知識について紹介しました。飲食業界は、バイトから始めた人でも店長やマネージャーといった重要なポジションを狙える業界です。これから飲食バイトでホールの仕事に就きたいという人は、ぜひ優れたホールスタッフを目指して頂ければと思います。

食べるんだでは、キャリアアドバイザーによる転職支援サービスを行っております。求人のご紹介はもちろん、その他転職活動における悩み相談などを無料で受け付けています。LINEでのご相談も可能ですので、ぜひご気軽にご相談ください。


関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 1,288
新着

0