飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
就食ノウハウ

2017/04/23

未経験から飲食業界への転職!事前に知っておきたい4つのポイント

初心者マークを掲げる男性

とにかく人手不足に悩まされている飲食業界。未経験者でもスタッフを募集している企業が多いのが特徴的ですが転職活動をしていると「本当に、未経験でも大丈夫なのかな…?」と悩むもの。今回は、飲食業界未経験の方が業界に入る前に知っておきたいことや、就職後のステップアップなどについてとりあげていきます。

飲食業の実際は?転職前に参考にしておきたいデータ

データのグラフ

お給料・休みの多さ・労働時間などは仕事をする上で気になるところですよね。

そんな疑問を解消するべく、関連するデータを紹介します。

給料

未経験者であれば、低い給料からのスタートになります。

厚生労働省が発表している、平成28年の初任給を参考にしてみましょう。

飲食業界の初任給は大学卒で191.7 千円、短大卒で167.4 千円、高卒で159.2千円となっています。

しかし、経験を積み自らのスキルを磨くことによって給料アップは可能です。

たとえば、本業とは別に副業を持つことによって収入を得られるケース。

カルチャースクールの講師や・自宅開放型の料理教室などがそうですね。

もちろん、本業での収入アップも可能です。

有名シェフになったり、独立開業をすることで年収アップも夢ではありません。

>>飲食業界全体の平均年収は300万円台?職種別平均年収も紹介!

>>就職率81%!フリーター・未経験者でも優良企業との面接確約!あなたの転職活動を徹底サポート!

年間休日日数

日常生活と関わりが深い飲食業界ですから、平均年間休日は95.7 日と他業種と比較して少なめです。

働く上で休日数を重要視する人は、土日祝が休みである企業の社員食堂や仕事帰りの人たちをターゲットにした飲食店を狙ってみると良いでしょう。

労働時間

飲食業の週単位の労働時間は40時間06分。平均的な週単位の労働時間は39時間04分となっているので、とりたてて飲食業は多くありません。

しかし、働いているスタッフの数が足りておらず、長時間勤務をしている人がいるのも事実です。

>>月何時間以上勤務したら長時間労働になるの?労働時間の目安とは?

>>飲食業界は本当にブラック?数字で見る飲食業界の実態!

飲食業界において未経験でも歓迎される職種

水を運ぶウェイトレス

飲食業界で目にする事が多い、ホールスタッフ・キッチンスタッフ。

未経験でも歓迎されるところが多く、求人数も沢山出ています。

簡単に2つの職種の説明と、未経験者におすすめの求人を紹介しておきます。

ホールスタッフ

表に出てお客様を直接おもてなしするウェイター・ウェイトレスなどのスタッフのことです。

お客様を席に案内したり、注文をとったり、時にはお客様との雑談も求められます。

キッチンスタッフ

その名の通り、食物や飲み物を作成するスタッフのことを指します。

しかし、お客様からキッチンが見えるお店ですと接客+調理を同時にこなさなければなりません。

特に、お客様が多い時間帯は慌ただしくなりますからスピードも求められます。

>>飲食業界における作り手の職種8種類について徹底紹介!

オープニングスタッフ

企業が業務を開始するにあたり、新しく募集しているのがオープニングスタッフ。

未経験の方におすすめしたい理由としては、オープン前に研修制度があること。

お客様がいない落ち着いた環境で、業務に関することを覚えられるのはメリットです。

それに、1から人間関係を築いていくので仲間意識が芽生えるのも魅力的。

実際に働き始めてからステップアップするためのポイントとは?

料理を運ぶウェイトレス

未経験者から経験者となるには、どうしたらいいのでしょうか?

働くうえでのポイントを紹介します。

積極的な姿勢

未経験の方は、スキルも何もないところからのスタートになります。

そこで、大切にしてほしいのは積極的な姿勢です。

自らすすんで業務を引き受けることによって、やる気のある人材と見てもらえます。

スタッフとの連携を大事にする

飲食業界は大勢のお客様を相手にしなければなりません。

したがって効率よく動くことが重要となり、周りのスタッフとの

チームプレイが必要になってきます。

資格を取る

未経験のうちは、とにかく仕事をこなすことで精一杯ですが、じきに業務に慣れてきて仕事がマンネリ化することもあるでしょう。

そこで、おすすめしたいのが資格をとること。

調理師やレストランサービス技能士は実務経験を積むことによって資格取得にチャレンジできます。

>>飲食の資格取得に向けて!基本的な4つの勉強法のうちどれが一番自分に合ってる?

>>飲食業界で役に立つ資格とは?国家資格5選

>>飲食業界で役に立つ資格とは?民間資格6選

>>飲食業界の資格!自分の目指す仕事に生かせる資格を取ろう!

スクールに通う

独学で学ぶのもひとつの手ですが、より専門知識を深めたい方はスクールに通うこともおすすめです。

夜間スクールや、土日開講など、仕事と両立して通える学校もありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

>>夜間や通信で働きながら学べる!飲食業界向けスクール7校

転職前・転職後に押さえておきたいポイントとは?

指をさす男性

働くからには、自分が思い描いていた職場で働きたいですよね。

では、どのように就職・転職活動をしていったらいいのでしょうか。

転職前・転職後のポイントを抑えていきます。

研修制度を導入している企業か

業務に関することだけでなく、それ以外のことに力を入れている企業はおすすめです。

たとえば、一流ホテルでの研修や農業体験。

一流のホテルではお客様へのおもてなしを学べますし、農業体験では農家さんと話をすることによって、素材の良さを知ることができます。

>>あの企業が上位に?飲食業界人気企業ランキング!

とりあえず経験を積みたい場合は期限を決める

まずは経験を積むために仕事を開始する考えも良いのですが、経験を積みたいだけの場合は期限を決めたほうが良いでしょう。

転職することによって、待遇条件やスキルの向上が望めるかもしれません。

異業種交流会に参加

異業種の方たちと出会い、話をすることによって思わぬところからビジネスチャンスがやってきたり、新たな気付きが得られます。

機会があればぜひ参加してみましょう。

まとめ

誰でもはじめは未経験からのスタートです。

始めることも大事ですが、続けることも大切ですから続けられる環境を選んだり、目的を持ったりすることが大事です。

とはいえ未経験では、不安が大きいもの。

食べるんだではキャリアコンシェルジュが無料で転職のサポートも行っていますので、お気軽にご相談ください。

>>キャリアコンシェルジュに相談してみる

>>就職率81%!フリーター・未経験者でも優良企業との面接確約!あなたの転職活動を徹底サポート!

関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 1,793
新着

29