飲食特化型求人情報サイト食べるんだ
スキルアップ

2018/06/15

バリスタに必要なスキルとは?国際的なバリスタ資格や最新のバリスタトレーニングについて/コラム連載vol.1(松原 大地氏)

バリスタに必要なスキルとは?国際的なバリスタ資格や最新のバリスタトレーニングについて/コラム連載vol.1(松原 大地氏)

 ここ数年コーヒー産業(特にスペシャルティコーヒー)を取り巻く環境の変化はめまぐるしく、素材としてのコーヒーの品質の向上に伴い、お客様が飲む1杯のカップの中に感じる味覚も多様化してきています。また、バリスタという職業の重要性も年々増してきています。今回から『バリスタトレーニングラボ東京』を運営するアンリミテッド株式会社、代表の松原大地さんにご協力いただき、バリスタの基礎~スキルアップのためのトレーニングなどについてをご紹介してもらいます。

 はじめまして、アンリミテッド株式会社(バリスタトレーニングラボ東京)代表の松原大地です。今回から、我々が運営する「バリスタトレーニングラボ東京」で行っているトレーニングの事例や、私の経験などを基に現在のバリスタやスペシャルティコーヒーのトレンドをご紹介していきたいと思っています。

 まず最初に、『バリスタトレーニングラボ東京』とは何か?起ち上げのきっかけから順を追ってお話をさせていただければと思います。

>>松原大地さんのインタビューはこちら

『バリスタトレーニングラボ東京』を始めたきっかけ

バリスタトレーニングラボのトレーニング風景

 現在弊社アンリミテッド株式会社で行なっている事業に、スペシャルティーコーヒーの焙煎・卸販売を行う『アンリミテッドコーヒーロースターズ』、店舗『アンリミテッド コーヒーバー』の運営などがありますが、その中でもバリスタに関するトレーニングを行っている部門が『バリスタトレーニングラボ東京』になります。

  2007年、私がコーヒー業界に入った当時は、バリスタやこれからバリスタを目指そうとしている方が専門的にコーヒーを勉強できる場所が日本にはほとんどありませんでした。

 当時コーヒー関連機器を扱う会社でエスプレッソマシンなどの営業をしていた私は、お客様の店舗開業時に現場でエスプレッソやカプチーノの作り方をスタッフに教えるという機会が多かったのですが、カプチーノ1杯を高いレベルで作成するようになるまでにはかなりの時間を要しました。オープン直前の1~2時間のトレーニングだけではもちろん納得のいくクオリティーのドリンクを提供できるようになることは難しく、私にとってもお客様によっても期待するような結果にならずそれがジレンマに感じたことが良くありました。

 2011年からバリスタの世界大会であるWBC(ワールド バリスタ チャンピオンシップ)の審査員になってから、世界各国の様々な国で審査をするようになり、そこで世界各国のバリスタやジャッジとの交流の中で知ったことのひとつが、コーヒー先進国と言われる国では必ずバリスタのスクールがあり、そこである程度の知識と技術を習得してから店舗を開業するというような流れや環境が整っていたということでした。日本とは全く事なる事情に驚いたのを憶えています。

  日本は世界有数のコーヒー消費国であるのにも関わらず、コーヒーを提供するバリスタという職業はあまり重要視されていなかったということもありましたが、これからスペシャルティーコーヒーという高品質コーヒーを今後日本でも消費者が求めるようになった時、バリスタが担う役割や価値もより重要になってくる事は想像に難くありませんでしたので、日本でもバリスタが本格的に勉強できる環境の必要性を感じていました。そこで2012年に起業し、会社として最初にスタートさせた事業が『バリスタトレーニングラボ東京』です。

>>バリスタのお仕事探しを無料サポート!

『バリスタトレーニングラボ東京』について

バリスタトレーニングラボ風景

 バリスタトレーニングラボでは、現在トレーナー陣にバリスタの世界大会や国内大会の審査員をはじめ、ハンドドリップの日本チャンピオンやコーヒーカクテルの日本チャンピオンなどが在籍し多様化するバリスタスキルへのニーズに対応しています。

 トレーニングでは全てスペシャルティコーヒーを使用し、現在トレンドになっている、またこれから将来的により需要が高まっていくであろうスペシャルティコーヒーについての知識や抽出方法を学ぶ事が出来ます。

  そして私たちが焙煎やトレーニング、店舗や大会の審査・競技など日々の業務を通じて得た知識や技術、経験を一人でも多くの方達とシェアし、広めていくことによって日本におけるバリスタのスキル向上の助けとなる事を目標としています。結果としてコーヒーの味やバリスタの接客により、お客様の満足度が高まり、日本でもバリスタやスペシャルティーコーヒーが文化として根付いていく事を願っています。

コーヒーの抽出

  またバリスタトレーニングラボはSCA(Specialty CoffeeAssociation)により認定された、日本でも数少ないSCA認定プレミアトレーニングキャンパスで、充実した環境と最新の設備でトレーングを受けて頂く事が出来ます。

 さらに2018年からは日本で唯一、SCAによる世界的なコーヒーの資格プログラムである『COFFEE SKILLS PROGRAM(CSP)』もスタートしました。以前は海外でしか取得出来なかったバリスタやスペシャルティコーヒーに関する資格が日本のバリスタの皆様にも取得して頂けるようになりました。

 今後バリスタトレーニングラボでの講習や資格プログラムを通じて、バリスタという職業の価値が向上し、日本のみならず世界で活躍するバリスタが一人でも多く生まれることを切に願っています。

まとめ

 日本ではまだまだバリスタという職業はメジャーではありません。調理師や製菓衛生師といった国家資格や、ソムリエ資格のような認知度の高い資格もほとんどありませんでした。ようやく今年から弊社でSCAの国際的なコーヒーの資格プログラムを始められた段階です。

 しかしこれからは高品質な”美味しいコーヒー”が消費者に求められてくるのは確実ですし、現にしっかりとした知識や技術を持ったバリスタがスペシャルティコーヒーを提供しているコーヒーショップは数年前と比べて爆発的にその数が増えています。

 コーヒーショップにいらっしゃるお客様も徐々にプロフェッショナルバリスタが作ったコーヒーの価値を見出してきてくれているのも事実です。

 まだバリスタとしてのキャリアをスタートしていない方でも、遅いということはないので、ぜひ今からでもバリスタの勉強を始められることをおすすめします。そして今後より需要が増えてくる”美味しいコーヒー”を継続的に提供できるように私たちと一緒に頑張りましょう!

>>バリスタトレーニングラボ東京に興味がある方はこちら

プロフィール

松原大地さんプロフィール画像

アンリミテッド株式会社(バリスタトレーニングラボ東京)

ディレクター / バリスタトレーナー 松原 大地

【経歴】

2011年よりバリスタの世界大会であるWorld Barista Championship (ワールド バリスタ チャンピオンシップ)にて審査員を務める。 2013年メルボルン大会ではアジア人初の決勝テクニカルジャッジに、 2015年シアトル大会では日本人初の決勝センサリージャッジに選出される。 その他国内外の数々のバリスタ競技会の審査員として活動をしながらアンリミテッド株式会社を設立。また現在バリスタギルド・オブ・ジャパンの代表としてSCA(Specialty Coffee Association)の国際的な資格プログラムである『COFFEE SKILLS PROGRAM』の運営も行なっている。

【住所】

〒130-0002 東京都墨田区業平1-18-2 2F

【TEL/FAX】

03-5604-5805  / 03-6730-9510

【HP】

http://www.baristatraininglab.com

【MAIL】

contact@baristatraininglab.com



関連コンテンツ

〈今日の食べるんだ!〉
求人数 15,182
新着

752